榎 本 武 揚

Enomoto Takeaki
Enomoto Takeaki

□ 基本情報

榎本武揚 えのもとたけあき

生没:1836-1908

訪問日:2017.8.15

所在地:北海道江別市 榎本公園

建立:1970(昭和45)

製作:佐藤忠良

題名:榎本武揚顕彰碑


□ 人物

 旧幕臣。戊辰戦争では幕府艦隊を率いて蝦夷地を占領し、最後は函館戦争で敗れた。戦後は明治政府に召し抱えられて大臣を歴任した。

 

もっと詳しく → Wikipedia


□ 由縁

石狩川の沿岸の対雁(ついしかり)は江別市発祥の地とされる。この地を買い上げて榎本農場を拓いたのが北海道開拓使との榎本であった。


□ 付言

宮城県出身の彫刻家、佐藤忠良氏の数少ない騎馬銅像。忠良氏は幼少期を夕張で過ごし、旧制札幌第二中学を卒業しており、少なからず北海道とのゆかりがあります。榎本の乗っている馬は道産子だそうです。