加 藤 嘉 明

Kato Yoshiaki
Kato Yoshiaki

□ 基本情報

加藤嘉明 かとうよしあき

生没年:1863-1631

訪問日:2016.5.4

所在地:愛媛県松山市 松山城下

建立:2010/4/4

原型:田畑功

題名:加藤嘉明公


□ 人物

三河の人。賤ヶ岳七本槍の武将の一人。関ヶ原の戦いでは東軍に付く。

 

もっと詳しく ⇒ Wikipedia


□ 由縁

1602年、松山城を築城。城下町を整備発展させた。


□ 付言

松山では「よしあき」の読みでした。「よしあきら」とずっと読んでいました。どちらも読むようです。水軍のイメージがなんとなくあったのですが、松山城主になる前の淡路領主だったころのこと。像は馬が右前脚を上げ、嘉明公が槍を構えた姿で、その表情からも名将ぶりがうかがえます。