源 満 仲

Miysunaka Minamoto
Miysunaka Minamoto

□ 基本情報

源満仲 みなもとのみつなか

生没年:917-997

訪問日:2006.5.5

所在地:兵庫県川西市 JR川西池田駅前

建立:1989(平成1)

制作:久保田俶通

題名:源氏之祖源満仲公


□ 人物

平安中期の武将。摂関藤原氏に仕えて諸国の受領(ずりょう)を歴任し力を伸ばした。最終的に摂津国に土着し武士団を形成する。その子らの頼光、頼親、頼信がそれぞれ摂津源氏、大和源氏、河内源氏の祖となった。後の征夷大将軍は河内源氏の嫡流であるとされるので満仲は源氏の祖と呼ばれる。

 

もっと詳しく ⇒ Wikipedia


□ 由縁

川西池田駅から北に行ったところに満仲を祀る多田神社がある。

周辺は多田荘と呼ばれ満仲が入植して開拓した。


□ 付言

後ろ脚2本で立つなかなかかっこいい騎馬像です。たいへん残念なことに朝の光を真後ろから受けてしまっています。通学する高校生の冷たい視線を浴びながら撮影ポジション取りに苦労しました。